遊戯王カード通販ショップを実際に運営している4人が、遊戯王カード通販ショップの開業から運営までを説明します。

遊戯王カード通販・販売ショップを開業しよう

   

傷品を取り扱う場合、傷の評価を何段階にするか

美品のみではなく、傷品を取り扱う場合、
傷の評価を何段階にするかということは、
はじめからポリシーをもって確実に決めたほうがよいです。


後から、修正しようとすると、
データベースの登録など、
本当に面倒なことになります。

まず、美品の基準をどうするか、です。

パック開封後、即スリーブに入れたもの、
機械排出後、即スリーブに入れたもの
のみに絞るのか。

それとも、見た目で傷が確認できないものは、
すべて美品にするのか。

それとも、ほんの少しの傷のものまで、
美品に入れてしまうのか。

それとも、超美品と、美品と、
2段階にするのか。


美品についての基準だけでも、
かなり、選択の余地があります。

私たちのおすすめとしては、
【見た目で傷が確認できないもの】
を美品の基準にするのがいいのではないと思います。

【即スリーブ】のみにしぼると、
オークション品や買取品は、
ほとんど美品に入れることができなくなってしまいます。

また、【超美品】と【美品】に二つ分けるという戦略は、
あまりしないほうがよいかなという気がします。


なぜなら、【超美品】でない【美品】が、
いかにも傷があるように見えるからです。


「美品って書いてあるけど、超美品じゃないんだもんな」
と、警戒感を抱かせそうです。

美品の基準については、もう一つ注意する点があります。
ショップ上では、
【パック開封後、即スリーブに入れたものを美品】と表示しているのに、
実際は、目立つ傷がなければ美品とみなしたりすることです。

つまり、嘘をつくことです。

これは絶対にやめましょう。
人間はミスをします。傷のチェックだって、
いくら念入りにしたって見落としは必ずあります。

嘘をついていたことが、
バレてしまって信用を失うことは非常に大きな損失です。


また、何よりお金を出してもらっているお客様に失礼です。

絶対に、虚偽の申告はしないようにしましょう。

それでは、美品の基準の次は、傷品の基準わけです。

基本的には、【ほぼ美品】、【小傷品】、【傷品】、【多傷品】、【プレイ用】などと分けられます。
最近では、【訳あり品】という記載もよく見かけます。
また、単純に【A】【B】【C】【D】【E】とアルファベットで分けているショップもあります。

基本的に、傷の段階を増やせば増やすほど、
傷のチェックは、困難さを増していきます。


傷のチェックは、単純作業は単純作業なのですが、
非常に主観が交じる作業でもあります。

この作業は、アルバイトさんなどにやってもらうことも多いかと思いますが、
あまりにも段階が多いと、
1枚1枚非常に悩んでしまって、
そのたびに、店長に聞きにやってくる
という事態に陥ってしまいます。

私としては、せいぜい傷品だけで3段階位がベストではないかなと思います。

つまり、すべてをまとめますと、
【美品】【ほぼ美品】【傷品】【プレイ用】
の4段階くらいがよいのかなと思います。

sponsored link

sponsored link

<<カードの状態はシビアに見る  | HOME |  美品のみを販売する場合の利益率の設定>>
Copyright ©  -- 遊戯王カード通販・販売ショップを開業しよう --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by /